写真の活用法

家族それぞれの写真、旅行の写真、会社の人と撮った写真、友人や仲間達との写真、大好きなあの人と会えた記念のツーショット、大好きなあの人の仕事中の写真、気に入った風景の写真、折々の記念写真、etc、etc…。
一杯貯まってしまった写真はどうしたらいいのでしょう。
きちんとアルバムに整理する時間も気力もない私は、プリントしたまま放っておいてしまっている写真が、ほんの一部を除いて山程あります。
これでは写真がかわいそう、死んでしまうと思ってももう何十年そのままにしていることか。
ペタペタとアルバムに貼るだけでも、いえ、ポケットアルバムに収納するだけでもいいと思うのに、袋や箱、封筒類に入れたまま眠っている写真は家中に混在しているのです。
だからと言って、捨てられるような物ではなく、私にとってはどの写真もこの上なく大切な写真です。
それでも唯一、持って歩きたい写真だけは流行中のフォトブックにしているので、それだけが救いかも。
バックがフォトブックでどんどん重くなっているのですが、人にも見せたい大切な写真なので仕方がありません。
パソコンに画像として残したらいいと言う声も聞きますが、パソコンが壊れたらどうするのか、データを間違えて消してしまったらどうするのか、と思うと写真は絶対捨てるのは無理です。
人とのかかわりが多いほど写真も沢山あるものですが、もしかしたら私は芸能人なみ?と思うほど写真が一杯で…。
勿論私の写真のテリトリーの中には夫や息子の写真も多く含まれるので、彼達も写真を整理できない私の被害者ではあります(笑)。
あの写真はどこ?なんて訊かれても、「さぁ…」とか「その辺にあるでしょ」とかしか答えられないのは確かです。
こんなに貯めてしまった写真の活用方法なんてあるのかどうか思案するばかりです。
先日の息子の結婚式では多数の写真を提供できましたが、それとて、絶対に返してもらうよう頼んでいるので手放すわけがありません。
その写真を毎日見なくても、その写真がそばになくても、別に生きていけるのだけれど、それでも捨てたり誰かにあげるなんてこと、私の辞書にはありません。
我が家のどこかの片隅で我が家を見守ってもらう…それも我が家にとっては写真の活用方法なのかもしれません。
きちんとした記念写真もスナップ写真のサマリーされたものと考えていて、それさえ整理していない私は最悪のぐうたらなのでしょうか。
それともどこにあっても価値は同じなのだから、捨てずに置いてありさえすれば許されると思って下さいますでしょうか。
せめて自分がこの世を去る前に心のこりがないようきちんと整理していきたいと思うのですが、この分だと、200歳になっても死ねないかもしれない私です。
Copyright (C)2017記念写真はどうしてる?素人にも撮れるステキフォト.All rights reserved.